どこに住もうかな?住宅土地選びは何を重視するかで決まる!

注文住宅を建てる時の土地選び

夢のマイホームを購入する場合、金銭的に余裕があれば土地を購入して、その土地に注文住宅で家を建てるのが良いでしょう。これにより、理想の土地を購入することができ、かつ理想のマイホームを造りあげることができるためです。
まず最初に重要なのがどのような場所でどのような土地を購入するかです。一般的には良い土地はそれなりの値段がします。ただ、金額だけをみて高いから購入しないという考え方は避け、将来売却する可能性があることも視野に入れつつ、多少高かったとしても良い土地を購入していきましょう。
土地選びでは、地盤はとても重要です。地盤が緩い地域の土地はかなり安く購入できます。ただ、家をその上に建てることを考えると、地盤がしっかりしているところがおすすめです。

日当たりを重視して考える

土地を見ただけだと、実際にそこに家を建てた場合、日当たりが本当によいのか、よくわからない人もいるでしょう。そんな時には不動産屋の力を借りましょう。ポイントは南向きに面していること、南側に高層の建物がないことです。このような土地を不動産屋に紹介してもらいます。
また、できるだけ間口が広い方が日当たり確保が容易です。こんな素敵な土地の場合、やはりそれなりの土地価格にはなりますが、自分自身の財産になること、いずれ売却することを考えたときには、とても魅力的なものとなるでしょう。
また、紹介してもらった土地が道路に面している場合には、雨が降ったときの道路の水はけを確認します。もちろん、紹介してもらった土地の水はけの確認も重要です。